出版書籍の履歴

書籍「クラシックゲーム大博覧会 1972-1985」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/立東舎
  • 発売日/2020年11月26日
  • 価格/2,500円 (税別)
  • 役割/企画、執筆、製品・資料提供

ファミコン前後に発売された家庭用ゲーム機72台をフィーチャー!1970~1980年代を彩ったクラシックゲームの世界が楽しめるビジュアルブックです。各モデルの美麗なイメージカットに加え、展開図、パッケージ、対応ソフトなどを掲載することで、ビデオゲーム草創期につくられた72種類の個性豊かなマシンを立体的に見せています。


書籍「スーパーファミコンコンプリートガイド」

書籍「スーパーファミコンコンプリートガイド」

  • 著者/レトロゲーム愛好会
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2020年2月
  • 価格/3,000円 (税込)
  • 役割/執筆、製品・資料提供

スーパーファミコンの全ソフト(1400本以上)を、カートリッジとパッケージの写真を撮り下ろしにて解説。周辺機器もカバーしています。年代順に並んだソフトを懐かしんだり、新しい発見があったりと様々な楽しみ方ができるカタログになっています。他にもスーパーファミコンの歴史やコラム、チラシなどを掲載。年代順、あいうえお順の索引ですぐに目的のソフトを探せます。代表の山崎功は、歴史、コラム、記事の一部などを執筆。


書籍「ファミコンコンプリートガイドデラックス」

書籍「ファミコンコンプリートガイドデラックス」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2019年9月
  • 価格/3,850円 (税込)
  • 役割/執筆、製品・資料提供

前書「ファミコンコンプリートガイド」サイズをB5判に一新し、新要素として全ゲームソフトのパッケージ裏を掲載。本体やディスクシステムの本体展開図に加え、ファミコンの歴史等もパワーアップ。著名なコレクター協力のもと、ファミコン関連コラムも充実させています。チラシギャラリーに加え、当時放送されたCMギャラリーも追加。見やすく、豪華な仕様に改定しました。


書籍「任天堂コンプリートガイド コンピューターゲーム編」

書籍「任天堂コンプリートガイド コンピューターゲーム編」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2019年4月
  • 価格/2,376円 (税込)
  • 役割/執筆、製品・資料提供

ファミコンからWiiまで任天堂が発売した本体とソフトを撮り下ろし写真付きで紹介・網羅したカタログです。周辺機器や非売品も豊富で、当時のチラシなども掲載。ゲームにまつわるコラムも豊富で、ディスクシステム、サテラビュー、バーチャルボーイ、64DD、ポケモンミニまで紹介しています。


書籍「懐かしの電子ゲーム大博覧会」

書籍「懐かしの電子ゲーム大博覧会」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2018年4月
  • 価格/1,728円 (税込)
  • 役割/執筆、製品・資料提供

1970年代~1980年代を駆け抜けた電子ゲーム(LSIゲーム)をメーカー別に振り返った書籍です。写真は完全撮りおろしで、大きく扱い、画面写真も掲載。当時の資料を徹底的に調査し、発売日や当時の価格も明確にしました。ゲームの内容や遊び方がわかるように丁寧に解説。電子ゲームの歴史やバージョン違いなどのマニアックな話、当時のチラシ・広告など資料性も高いです。


書籍「ファミコンコンプリートガイド」

書籍「ファミコンコンプリートガイド」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2016年11月
  • 価格/2,484円 (税込)
  • 役割/企画、執筆、製品・資料提供

ファミリーコンピュータことファミコンの全ソフト(1252本)を、カートリッジとパッケージの写真を撮り下ろしにて解説。さらにディスクシステムはもちろんのこと、周辺機器もカバーしています。年代順に並んだソフトを懐かしんだり、新しい発見があったりと様々な楽しみ方ができるカタログになっています。他にもファミコンにまつわるコラムやチラシを掲載。年代順、あいうえお順の索引ですぐに目的のソフトを探すことも可能です。


書籍「ゲームってなんでおもしろい?」

書籍「ゲームってなんでおもしろい?」

  • 発行元/角川アスキー総合研究所
  • 発売日/2016年3月
  • 価格/2,484円 (税込)
  • 役割/図録・コラム執筆、製品提供

世界的なゲームイベント「GAME ON」(日本科学未来館、2016年3月2日~5月30日)と合わせて販売。往年の家庭用ゲーム機のカラー図鑑を始め、面白さのプリミティブを探る、著名人70名による好きなゲームアンケート、クリエーターや業界の重鎮に対し、「ゲームのおもしろさ」「ゲームのふしぎ」「ゲームのみらい」をテーマにしたインタビューを掲載。ビジネスにも役立つゲーム的思考がわかる本です。


書籍「任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代」

書籍「任天堂ノスタルジー 横井軍平とその時代」

  • 著者/牧野 武文
  • 発行元/角川書店
  • 発売日/2015年6月
  • 価格/800円 (税抜)
  • 役割/コラム執筆、製品・資料提供、鼎談

任天堂の元社長でカリスマ経営者だった山内 溥の右腕として、「ゲーム&ウオッチ」「ゲームボーイ」など黎明期の任天堂のほとんどのヒット作を生み出した伝説の天才開発者・横井軍平の生涯を描く。斬新な発想の陰にあった苦悩とは?本書は2010年6月に小社より刊行された単行本『ゲームの父・横井軍平伝任天堂のDNAを創造した男』を加筆修正、改題し、新書化したものです。巻末に新書だけでしか読めない横井 軍平氏についての鼎談(アスキー総研の遠藤 諭氏、著者の牧野 武文氏、山崎 功)が載っています。Kindle版もあります。


レーザークレー射撃システムのフライヤー

書籍「任天堂コンプリートガイド-玩具編-」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2014年12月
  • 価格/2,484円 (税込)
  • 役割/企画、執筆、製品・資料提供

世界屈指の優良企業・任天堂。その長い歴史の中で登場した魅惑のおもちゃの数々を貴重な写真付きで紹介する完全保存版の一冊!明治時代にまでさかのぼり、ファミコン誕生以前までの任天堂製品を網羅。写真はもちろん新規撮り下ろし、その数は実に500点以上にも及ぶ。かるた・トランプから始まり、玩具とゲーム、ボードゲーム、エレクトロニクス玩具、実用品、アーケードゲーム、テレビゲーム、ゲーム&ウオッチの全8章から構成されています。さらに番外編として、任天堂創業からの歴史や当時のTVCM、チラシをフルカラーで大量に掲載。任天堂創業当時の店舗や国産初のトランプ、山内溥三代目社長の20代の写真など本邦初公開の資料が満載です。その他、巻末には製品リストを掲載し、各種コラムも充実しています。


書籍「家庭用ゲーム機コンプリートガイド」

書籍「家庭用ゲーム機コンプリートガイド」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2014年04月
  • 価格/1,296円 (税込)
  • 役割/企画、執筆(一部)、製品・資料提供

世界初の家庭用ゲーム機「ODYSSEY」から、当時最新だった「Xbox ONE」まで、国内でこれまでに発売された家庭用ゲーム機のほとんどを貴重な完全撮り下ろし写真で紹介。掲載ハードは100点以上! 主要ハードはゲームソフト解説付き。知識欲を満たすのはもちろん、懐かしさも刺激! 懸賞品(非売品)など、世界で数台しか現存しない超貴重なレアハードも掲載。家庭用ゲーム機の全てが詰まった究極の一冊。周辺機器なども大量に掲載し、資料的価値がとても高い作りになっています。


書籍「携帯型ゲーム機コンプリートガイド」

書籍「携帯型ゲーム機コンプリートガイド」

  • 著者/山崎 功
  • 発行元/主婦の友
  • 発売日/2013年07月
  • 価格/1,296円 (税込)
  • 役割/企画、執筆(一部)、製品・資料提供

ゲームボーイの誕生から立体映像が楽しめるニンテンドー3DSまで、携帯型ゲーム機を一冊に凝縮。その歴史をだどりながら、携帯型ゲーム機がどのように進化していったのかを探る。過去に発売された携帯型ゲーム機を、可能な限り写真および解説文付きで網羅。また、マニア層向けの記事として、かつて一世を風靡したゲーム&ウオッチや、日本ではほとんど知られていない海外携帯型ゲーム機にも焦点を当てている。


書籍「ビジネスを変える「ゲームニクス」」

書籍「ビジネスを変える「ゲームニクス」」

  • 著者/サイトウ・アキヒロ
  • 発行元/日経BP社
  • 発売日/2013年06月
  • 価格/3,675円 (税込)
  • 役割/資料提供

「説明書を読まなくても楽しめた」「あっという間に数時間が経過していた」――。ビデオ・ゲームをプレイしたときに、こうした経験をしたことはないだろうか。ゲームは、「人を思わず夢中にさせる仕組み」や「快適で使いやすいユーザー・インタフェース(UI)」などを実現することに長けている。 そんなゲーム制作のノウハウを体系化した理論が、「ゲームニクス」である。立命館大学教授のサイトウ氏が、20年以上ゲーム・クリエーターとして活動している経験を基にまとめ上げたものだ。 本書籍では、実例を交えてゲームニクスについて徹底的に説明し、その活用法を解説する。


書籍「決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば」

書籍「決定版・ゲームの神様 横井軍平のことば」

  • 著者/横井 軍平
  • 発行元/P-Vine BOOKS
  • 発売日/2012年10月
  • 価格/1,890円 (税込)
  • 役割/製品・資料提供、制作協力

伝説の任天堂開発者本人によって語られた開発哲学「枯れた技術の水平思考」がついに、全貌を顕す!GREE やモバゲー、脱出ゲームなど、新しいソーシャルゲームが席巻する現代において、「失われた技術に付加価値を探る」ビジネスモデルは金言のように、現代のクリエイター達に受け継がれている。 横井軍平が提唱し、いままさに再評価著しい「枯れた技術の水平思考」の可能性を、貴重な横井氏の発言原稿や、影響を受けた現代のクリエイターの寄稿などを集め追及する。


書籍「L'Histoire de NINTENDO vol.3(ファミリーコンピュータ編)」

書籍「L'Histoire de NINTENDO vol.3(ファミリーコンピュータ編)」

  • 著者/フロラン・ゴルジュ
  • 発行元/pix'n love/OMAKE BOOKS
  • 発売日/2011年02月
  • 価格/3,150円 (税込)
  • 役割/製品・資料提供、制作協力

「ファミリーコンピュータ」(以下「ファミコン」)に関するソフトや周辺機器、チラシ、関連商品など豪華な写真盛りだくさんで紹介。ファミコン開発の経緯や当時の貴重な資料なども掲載しています。海外製ファミコン「NES」についてもカバーしています。ファミコンとNES表紙(日本ではNES表紙のみ)の2種類があります


書籍「横井軍平 ゲーム館」(フランス版)

書籍「横井軍平 ゲーム館」(フランス版)

  • 著者/牧野武文(再編集: フロラン・ゴルジュ)
  • 発行元/pix'n love
  • 発売日/ 2010年09月
  • 価格/3,000円 (税込)
  • 役割/製品・資料提供、制作協力

「ウルトラマシン」「ラブテスター」「光線銃」「ゲーム&ウオッチ」「ゲームボーイ」の生みの親、元任天堂の横井軍平氏のインタビューをまとめた「横井軍平 ゲーム館」のフランス語版。文章は日本語版をフランス語に訳したものですが、構成や図版を一新。横井氏のご家族にも取材し、日本語版にない横井軍平氏の幼少からのプライベート写真や豊富な図版、資料なども掲載しています。


書籍「横井軍平 ゲーム館」復刊

書籍「横井軍平 ゲーム館」復刊

  • 著者/牧野武文
  • 発行元/フィルムアート社
  • 発売日/2010年06月25日
  • 価格/2,100円 (税込)
  • 役割/製品・資料提供、写真撮影

1997年に刊行された「横井軍平 ゲーム館」(アスペクト社) を13年ぶりに復刊した書籍です。「ウルトラマシン」「ラブテスター」「光線銃」「ゲーム&ウオッチ」「ゲームボーイ」の生みの親、当時のインタビューをほぼそのまま残し、序章の追加や図版を一新。


書籍「ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを作った男」

書籍「ゲームの父・横井軍平伝 任天堂のDNAを作った男」

  • 著者/牧野武文
  • 発行元/角川書店
  • 発売日/2010年06月10日
  • 価格/1,470円 (税込)
  • 役割/玩具コラムの執筆、製品・資料提供

元任天堂の故・横井軍平氏の開発人生を描いたノンフィクションです。「ウルトラハンド」「ウルトラマシン」、「ラブテスター」、「光線銃」、「ゲーム&オッチ」や「ゲームボーイ」など、世界の任天堂となる基礎を築いたクリエーターのドキュメンタリー。


書籍「L'Histoire de NINTENDO vol.2(ゲーム&ウオッチカタログ)」

書籍「L'Histoire de NINTENDO vol.2(ゲーム&ウオッチカタログ)」

  • 著者/フロラン・ゴルジュ、山崎 功
  • 発行元/pix'n love
  • 発売日/2009月07日
  • 価格/3,150円 (税込)
  • 役割/製品・資料提供、制作協力

世界中の「ゲーム&ウオッチ」をほぼコンプリートした最強のコレクション本です。ゲーム&ウオッチ開発の経緯や任天堂が申請した特許の資料、各種パッケージ、取扱説明書、本体、チラシ、当時のCM、バージョン違いやグッズ、関連商品までほぼすべての「ゲーム&ウオッチ」をコンプリートしています。フランス語ですが、全面に写真が多いため、カタログとして見ているだけでもお楽しみいただけます。


書籍「L'Histoire de NINTENDO(任天堂の歴史と玩具カタログ)」

書籍「L'Histoire de NINTENDO(任天堂の歴史と玩具カタログ)」

  • 著者/フロラン・ゴルジュ、山崎 功
  • 発行元/pix'n love
  • 発売日/2008年07月
  • 価格/3,150円 (税込)
  • 役割/製品・資料提供、制作協力

任天堂の創業からファミコン以前に発売された花札、トランプ、かるた、玩具、アーケードゲーム、テレビゲーム、ゲーム&ウオッチなどそのほとんどを紹介した総合カタログです。任天堂の歴史も当時の写真と合わせて解説しています。数十年に及ぶ研究結果の集大成で、豊富な写真資料や内容の濃さがウリです。フランス語ですが、全面に写真が多いため、カタログとして見ているだけでもお楽しみいただけます。


書籍「ELECTRONIC GAME COLLECTORS(エレクトロニック・ゲーム・コレクターズ)」

書籍「ELECTRONIC GAME COLLECTORS(エレクトロニック・ゲーム・コレクターズ)」

  • 著者/厚木十三、山崎 功
  • 発行元/オークラ出版
  • 発売日/2000年02月
  • 価格/1,260円 (税込)
  • 役割/製品・資料提供、制作協力

1970年から80年中盤くらいまでに発売された電子ゲーム機を約300機種ほど写真付きで紹介。入手難易度やプライス(相場)を表示。FL(蛍光表示管)ゲーム、LCD(液晶)ゲーム、家庭用テレビゲーム機が各100種づつ。またファミコンでしか遊ぶことのできないオススメソフトを厳選し、私の独断と偏見でレビューしています。クラシックゲームファン必見のプライスガイド。資料的価値の高い一冊です。帯はグラフィックデザイナーの常盤響先生にメッセージを書いていただきました。


書籍「女の子とテレビゲーム」

書籍「女の子とテレビゲーム」

  • 著者/山崎 功(PN水崎 ひかる)
  • 発行元/ゲームス・スクエア
  • 発売日/1999年08月
  • 頒布価格/400円(税込)
  • 役割/企画、執筆、編集

女の子とテレビゲームのビミョーな関係を著者が独断と偏見で解説。テレビゲームをする女の子の進化論、美少女ゲームの栄枯盛衰、ゲーム好きの男が女の子にもモテる方法といった読み物を掲載。コスプレ好きな女の子に突撃取材、ゲストの水奈霧香ッ葉さんによる「をたく女子の検証」、「やおいと女の子」を掲載。巻末に幻のテレビゲーム機の紹介や任天堂の行く末を考察してます。


書籍「テレビゲームの世界3 -任天堂神話の軌跡 前編-」

書籍「テレビゲームの世界3 -任天堂神話の軌跡 前編-」

  • 著者/山崎 功 (PN H.MIZUSAKI)
  • 発行元/ゲームス・スクエア
  • 発売日/1998年08月
  • 頒布価格/1200円 (税込)
  • 役割/企画、執筆、編集

任天堂の創業からファミコン晩期までの歴史を詳しく解説。任天堂製ゲーム玩具から、アーケードゲーム、ゲーム&ウォッチ、ファミコンソフトなど数多くの製品と経緯を豊富な写真と共に紹介。ファミコンソフトレビューもあります。 任天堂山内溥元社長の20代の顔写真が見れるのも本誌だけ(笑)当時のチラシや広告、パンフは必見。 国立国会図書館も3年以上通い、事実関係や資料をまとめた資料性の高い本です。


書籍「テレビゲームの世界2 -黎明期を駆け抜けたゲームたち-」

書籍「テレビゲームの世界2 -黎明期を駆け抜けたゲームたち-」

  • 著者/山崎 功 (PN H.MIZUSAKI)
  • 発行元/ゲームス・スクエア
  • 発売日/1997年12月
  • 頒布価格/1200円 (税込)
  • 役割/企画、執筆、編集

テレビゲーム誕生から、ファミコン発売前夜までのアーケード (業務用)、家庭用ゲームの歴史を日本で初めてこと細かに解説。1971年から83年くらいまでのゲーム業界の経緯をまとめました。掲載写真も500点以上と豊富で、読み物としてのボリューム、資料性は抜群です。世界初・日本初の家庭用テレビゲームの紹介など黎明期の製品や業界を日本で初めて一冊の本にまとめました。


書籍「テレビゲームの世界 -ゲーム産業成長の軌跡とその世界-」

書籍「テレビゲームの世界 -ゲーム産業成長の軌跡とその世界-」

  • 著者/山崎 功(PN H.MIZUSAKI)
  • 発行元/ゲームス・スクエア
  • 発売日/1997年08月
  • 頒布価格/1200円 (税込)
  • 役割/企画、執筆、編集

テレビゲーム業界誕生から今日までの歴史を一冊の本にまとめて紹介。ファミコンはなぜ成功することができたのか、業界事情や経緯を詳しく解説しました。また国内で発売されたほとんどのテレビゲーム機を掲載。任天堂やセガの歴史・製品を紹介しています。